パイオニアペダリングモニターシステム

今朝はパイオニアペダリングモニターシステムを取り付けたお客様の自転車受け渡しとポジション調整を行いました。


固定されたローラーに跨ってペダルを漕いでみると(あれ~っ?)っと本人が一番驚いたのですが写真でわかるように明らかに踏み込みが遅くて1時~2時に全く力が入っていません。

その代償?としていくら踏んでも推進力にならない6時~7時に矢印が残っているのが一目で分かります、そしてカカトが下がるので入力が真下に行かず前に流れてしまっています。


このまま回転や負荷を上げると6時付近の反作用がおきてお尻がピョンピョン跳ね上がりサドルの上で餅つきができてしまいますがコレはタイヤと腹が減るだけの残念なペダリングと言えますね、その前にせっかく頑張って漕いでも(勿体ない)ペダリングなのです。



問題はここから先です、パイオニアペダリングモニターシステムってダメなペダリングが分かるだけの機材では無いので早速ポジションとペダルに入力する場所を調整します。


今回のお客様は上体が少し前のめりになっているのでサドルを1センチ後ろに移動し身体と股関節を大きく使えるようにします、これで早めの12時くらいから踏み込み易くねるハズです、そして頭の中でも早めに踏み込む事を意識すると今までのサドル高では窮屈に感じるようになってきます、実は本人には伝えず私が密かに狙っていたのはココなのです。
IMG_4671.jpg


今回のお客様はかなり乗り込んだ方ですが念入りな調整後は残念な(あの6~7時)の矢印も消え前に進む為に効率の良いペダリングが少しできるようになりました。

昔なら自転車に乗りながらアーレンキを背中に忍ばせて微調整を繰り返しながら(感覚)だけで走っていたものですが極端に疲労してくるとサドルもハンドルも、もうどこが良いのか訳が分からなくなってしまったものです、でもこんな事が一目でわかってしまうなんて凄い時代になりましたね。

このシステムを(上手に)使いこなせたなら早く走るための最強の機材となってくれることは間違いないでしょう,でも付けただけでは決して早くはなりません。
IMG_4669.jpg


ズイフト部

今回は話題のズイフトを紹介します、先ずはズイフトって何だろう?と思われるでしょうが

「ズイフト」とはトレーナー(ローラー台)上で走行したデータを、PCやスマートフォン、タブレットなどで受信しオンライン上で解析、仮想空間上でサイクリングを楽しむ事ができる。いわば体験型のサイクリングゲームなのです。


分かりやすく言えば自転車を漕ぐ対戦ゲーム?ですね、私も興味本位で始めてみましたがこれが(とっても)面白いのです、あの退屈なローラー台での時間が楽し(苦しい)すぎてアッという間に過ぎてしまいます。
zwift1_14.jpgzwift1_11_0.jpg

当店では夏場の訓練日の代わりに(ズイフト部)という活動がありまして決められた時間になると夜な夜な画面上のスタートラインに集まってグループライドを行っています。


皆さんスタート前は(ゆっくりお願いしまーす)と言われるのですがしばらく走るとエスケープ(逃げ)を図ろうとする人や上りになると異常に張り切る人、死んだフリして後から猛烈に追い上げてくる(三味線おやじ)など虚々実々の駆け引きが行われ、とっても中身の濃い訓練ができます。



各自が同じ画面を見ながら自分の家で必死にペダルを漕ぐ姿は想像するだけで笑えてくるのですが何といっても寒くない、夜でも走れる、絶対にコケない等々、退屈な冬の夜にはピッタリのトレーニング(遊び?)ではないでしょうか、皆さんも一度お試しくださいね。
2017-12-13_1952150_clean.jpg


ズイフト部員は随時募集中です。

冷やかしライド

今日は珍しくスカッと晴れていいお天気でした、早速ブログネタ作りのためサイクリングに出かけます、久しぶりの実走なのかちょっとした登坂でも急激にスピードダウンしてしまいますがピンと張りつめた空気が気持ちいいですね。
IMG_4603.jpg



コレといっていく当ては無かったのですが織田町へ向かいます、海岸へ向かうトンネルを抜けると豪快なダウンヒルが待っているのですが一段と気温が下がってきました、予定では海岸まで下りてグルッと1周するハズでしたがあまりの寒さとダルさのために早くもイヤ気がさしてきます。


進むか戻るか頭の中で数秒間だけ葛藤がありましたがココは勇気ある撤退を選択することにしました、冬場は無理をしてはいけませんよね。

というわけで本日は冬場の冷やかしライドとなりましたがやっぱり外は気持ち良いですよね、また暇を見つけてはチョッとだけ走ってみます。
IMG_4609.jpgIMG_4610.jpg

晩秋サイクリング

今朝は絶好のお天気に恵まれました、気象台によると福井地方は雨が13日間も降り続けたそうで毎年の事ながらこのグズグズ天気には本当に参ってしまいます。


そんな訳で運よく今日がお休みの人達は今年最後?のサイクリングに出かけて行きました、向かった先は曹洞宗本山 永平寺です、途中には大変な坂道があるのですがジグザグ運転しながら何とか全員が峠を登りきることができました。


頑張った後は美味しいものを沢山頂き(晩秋の1日)をめいっぱい楽しみました。
IMG_4583.jpgIMG_4584.jpg




追伸 やっとシマノパワークランクが入荷してきました、発表以来ずいぶん待ちましたがやっと市場に出まわるようになったのですね。
IMG_4581.jpg

これからローラーに乗る機会がぐっと増える季節ですがパワーメーターがあれば今まで感覚でしか感じれなかった自分の出力が一目で分かるようになり(あの)退屈な時間が苦にならなくなりますが逆に頑張りすぎて違う苦しさに見舞われる事でしょう。


自分もパワーメターを取り入れて4年目となりますが当初は固定されたローラーの上で刻々と変化する手放しで漕いだ出力(W)とハンドルを握ったWの違い、更に前傾を深くとった場合の出力の違いが数字で知ることができ、はは~んなるほどと大いに感心しました。


さらに実験好きな私はハンドルを押したり引いたりいろんなフォームやペダリングを試してみましたがそんな時にも実に便利な商品ですね、コレは絶対お勧めです。

欲を言えばこんな優れものは自分がもっと若い頃に出して欲しかったですね。

寒くなりました

ここ最近はぐっと冷え込むようになってきましたね、連日の冷たい雨が降り続き自転車に乗るどころではなくなってしまいました。


毎年この時期になると思い出すのが(松ちゃんタイム)というほんの1~2時間程度の雨の止み間の貴重な練習時間のことです。
北陸のこの時期特有のグズグズ天気はプロの競輪選手にとっても大昔から悩みの種でした。


選手になりたてのころのこの時期、競輪場の中にある選手たちの訓練場の中でローラーに乗りながら雨の止むのを待っていると、必ずと言っていいほどお昼前後に雨が止む時間があるのですがその時間を図ったようにバンクにやってくるのが松〇大先輩なのです。


大先輩はまだ濡れたバンクで黙々と周回を重ねた後は再び雨が降ってくるまで本番を想定したモガキを何本も繰り返すのですが限られた時間の中で精一杯、自分を追い込む姿はまるで修行僧のようで(はは~んこれが真のプロなのか)と大変、勉強させていただきました。


今流行りの何秒もがいて何分レスト(回復)なんて悠長な事は言っていられません、雨の止み間が30分しかないか1時間持つのかその時にならないと分からないものですから身体の続く限りもがいて後はサッと切り上げるのです。
(北陸の方ならお分かりですよね)


それ以来いつの間にか雨の日の貴重な止み間を松〇先輩になぞられ(松ちゃんタイム)と呼ばれるようになったのです。

松ちゃんなどと呼ぶには大変失礼なほどの大先輩ですが雨と晴れを1日に何度も繰り返すこの時期になると必ず思い出します。
プロフィール

しぇいご

Author:しぇいご
30年間の競輪選手生活を終え、鯖江市柳町に自転車屋を開業しました、まだ分からない事ばかりですが宜しくお願いいたします。

白崎サイクル

お買い物用自転車から                    ロード、ピストまで                     

初心者大歓迎

福井県鯖江市柳町3丁目1-8                

TEL0778-51-2098
メール seigo50@ur.ttn.ne.jp
営業時間午前9時~午後8時
JRループ下る200M

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク