革底シューズ

ここに古ぼけたシューズがあります、みなさんご存知SIDIのシューズなのですがこのシューズはソール(靴底)が何と革でできています、皆さんは信じられないでしょうが大昔のシューズはほとんどが革底でできていたのです。
IMG_2173.jpg



高校自転車部に入部したての頃、競輪選手だった親父から おぃ!しぇいご(正剛)これ履け!と初めて手渡されたシューズが写真と同タイプのSIDIのシューズでした、靴底が革製のためしばらく履いていると足の裏にぴったり馴染んできて実に具合が良いのですが賞味期間が短いというか半年も経たないうちに靴底がへの字に経たれてしまい使い物にならなくなってしまうのでした。
IMG_2175.jpgIMG_2176.jpg




とはいえ足幅の狭い私はこのシューズがひどく気に入ってしまい高校から40歳を過ぎるまで25年間のあいだにのべ40足以上ず~っとこのモデルを履き続けていたのです、でもその時代すでにこのモデルは生産中止になってしまっていて雑誌サイ○ルスポーツを見ながら日本中の自転車屋さんに電話をかけてシューズの確保に必死になっていました、中にはシンガポールの空港近くの自転車屋に沢山在庫があったなどと訳の分からない情報を教えてくれた人もいましたが
IMG_2177.jpg



写真のシューズは日本中からカキ集めたうちの最後の1足なのです、もちろん1度も履いたことはありません。革底シューズの確保ができなくなってしぶしぶプラ底やカーボン底のシューズに移行していった私ですが、自転車の場合フレームやシューズは確かに軽く硬く進化してきました、でも肝心な人間の体の進化は果たしてど~でしょう?どこかにわざと力を逃がしてやる場所があってもいいような気がします。                              

のんびり走るサイクリング用などにはもう一度革底シューズを復活してほしいですね、革底って足や膝にとっても優しいんですよ~。
IMG_2178.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しぇいご

Author:しぇいご
30年間の競輪選手生活を終え、鯖江市柳町に自転車屋を開業しました、まだ分からない事ばかりですが宜しくお願いいたします。

白崎サイクル

お買い物用自転車から                    ロード、ピストまで                     

初心者大歓迎

福井県鯖江市柳町3丁目1-8                

TEL0778-51-2098
メール seigo50@ur.ttn.ne.jp
営業時間午前9時~午後8時
JRループ下る200M

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク