秋ですね

朝晩はかなり冷え込むようになり、秋もいよいよ本番といったところですが当ブログの慢性ネタ不足現象は相変わらず改善されておりません。

と、いう訳でネタ作りに無理やりやってきたのは近所の緩い坂道です、今日の課題はペダルをいっさい漕がずにハンドルをクネクネするだけで坂を登る事ですがそんな事が出来るのか?と思われるでしょうが緩斜面ならハンドル操作次第で(頑張れば)誰にでもできます。


斜度や速度でハンドルを切る速さハンドルケイデンス(造語)は変化します、前輪をクネクネするだけで推進力を発生させる(技)?ですがそれがどうした?と言われると確かにあまりにもくだらないので返す言葉はありませんね。


動画は2パーセント程度の登り坂を時速4K程度で登っています、エキスパートになると平地なら10k程度で巡航が可能ですが一般道でこんな走りをしていると大変危険な上に怪しい人だと思われるので決して行わないでください。


さて、ココからは眉に(つば)をたっぷり付けて読んで下さい、あくまで私の(推測)ですが、あの世界的に有名なアルベルトコンタドール選手は激坂区間になると必ずといっていいほどハンドルをクネクネしながらダンシングします。

誰でも無意識に蛇行して急傾斜を何とか凌いだ経験はあると思いますがコンタドールはペダリングと同じリズムでハンドルを左右に切りながら傾斜を和らげると同時に前輪で僅かながら推進力を発生させているのではないかと私は思っています、本人に聞く事はできないので間違っていたらごめんなさいですね。


コンタドールを真似て激坂でクネクネダンシングしてみましたが力を込めてハンドルを切り返すと車体がグッと進み(気)のせいか真っ直ぐ登るより下半身は楽な気がしました、ただし腕はパンパン、心臓はバコバコとやっぱり(うまい話)はありませんでした。

でもココ一番のピンチには覚えていて損はない技の一つです、マスターできれば急斜面も二輪駆動で飛ぶように登れるかも?
IMG_4233.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しぇいご

Author:しぇいご
30年間の競輪選手生活を終え、鯖江市柳町に自転車屋を開業しました、まだ分からない事ばかりですが宜しくお願いいたします。

白崎サイクル

お買い物用自転車から                    ロード、ピストまで                     

初心者大歓迎

福井県鯖江市柳町3丁目1-8                

TEL0778-51-2098
メール seigo50@ur.ttn.ne.jp
営業時間午前9時~午後8時
JRループ下る200M

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク