実験してみました。

久しぶりの更新となりますが今日は普段から疑問に感じていた事を実験して参りました、その内容とは自転車通勤の時に背中に重いリュックを背負って店に通う時にコレっていったいどれだけ遅くなっているのだろう?という実験です、通勤の道には登りはありませんので平坦のみの実験です。




まずは時速30Kキープ、脚の回転は90で走ります、微妙に南風が吹いているので片道2Kの直線を往復した平均値は175~190Wで心拍数の平均は149拍でした、ギヤを変えケイデンス60で走ってもだいたい同じ数字です。


次に2Lのペットボトル2本をリュックにいれ計4Kの荷物を背負います、考え方によっては4K太った事と同じ?ですね。
そしてまた同じ直線を漕ぎだしましたがサイコンの数字に目立った変化は見られません、それどころか向かい風区間ではむしろ風を切り裂いて進んでくれるような気がしました。
IMG_4162.jpg


そこで取り出した(もちろん事前に準備してましたが)のが鉄の塊です、大小合わせて10Kの重さがあるのでボトル2本と鉄の塊を合わせると14Kになります、あまりの重さにリュックのひもが千切れないかと心配になります、そして自転車に跨るのも大変な作業でした。


自分ながらに笑えてくるような実験ですが(ん~~)と力を込めて漕ぎだします、もちろん漕ぎだしはひじょ~に重いのですがお約束の時速30Kで巡航してみました。

スピードが落ち着いたのを確認してサイコンに目を凝らしますが(残念ながら?)先ほど(空荷)の時と出力、心拍共にほとんど変化は見られませんでした。


以前に同じような実験を登り坂で試した時は面白いように数字に変化が表れたのですが今回のように平坦な場所では重力と戦わなくても良いので一旦、惰性が付けば平坦な場所では人や自転車の重量はあまり関係ないという事が再確認できました。

と、いう訳で少し期待していた実験でしたが私の貧相な装備ではほとんど同じ数字となってしまい少し(もや~っ)として実験は終了しました。
IMG_4163.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しぇいご

Author:しぇいご
30年間の競輪選手生活を終え、鯖江市柳町に自転車屋を開業しました、まだ分からない事ばかりですが宜しくお願いいたします。

白崎サイクル

お買い物用自転車から                    ロード、ピストまで                     

初心者大歓迎

福井県鯖江市柳町3丁目1-8                

TEL0778-51-2098
メール seigo50@ur.ttn.ne.jp
営業時間午前9時~午後8時
JRループ下る200M

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク