ピナレロ ドグマ

今回はいきなりですがピナレロ ドグマの紹介です、先日カワシマサイクルさんより2台の試乗車がやって来ました、そして私に最も苦手とする感想文(インプレ)を書けとの至上命令が出ます、関係ありませんが私は夏休みの宿題で読書感想文が一番嫌いでした。
IMG_3903.jpg



まずは山を登ってみようとやって来たのは近くのにっしゃま(西山)公園です、ドグマという言葉は教義とか教典を意味する言葉だそうで言わば現代のロードバイクの教科書やお手本みたいなものですね、そんな教科書みたいな自転車に私がとやかく言う事は当然の事ながら何もなくハァハァ言いながら坂を登ります。


今、流行りのワイドリムと太めのタイヤのせいかまるで絨毯の上を走っているようにシュ~ッと走ります、表現が乏しくてお恥ずかしいのですが、ただ何事も無くシュ~ッと走ります。
IMG_3900.jpgIMG_3901.jpg


次にやって来たのは田んぼ道です、ホイルが違うとフレームの印象がガラリと変わってしまうのでここでは自分用のホイルに交換しました、そして感覚を研ぎ澄ます為にシューズは素足で履きます。


ここまで来るのにホイルが変わっても先程の振動の少なさはほとんど変わりませんでした、素足履きの足の裏センサーも(しなやか)という表現がピッタリの情報を伝えています。
IMG_3897.jpgIMG_3896.jpg


キコキコ(もちろん音はしませんが)とペダルを漕いでみますが何だか気分がいいですね、でも自転車に踏み出しがいいとか加速がいいという表現は使いません、しかし加速のいい(人)はいます。



今度は重箱の隅をつつく意味合いでBB付近を凝視しながら軽めのギヤに落としてフレームに最も負担の掛かる超低速からのフル加速を試みますが私ごときの脚力では全くと言っていいほど左右に振れる事はありません、ベタな表現になりますがただ前へ行ってくれます。



フレームの内部はどうなっているのか私には分かりませんが反比例するあのしなやかさと私ごときがモガいてもビクともしない高強度を兼ね備えていて重箱の隅をつつく作戦は見事失敗に終わりました、さすがは教典ですね。



今回はサイズ違いで2台の自転車に乗る事ができました、どちらも適合サイズでしたがホイルベースのたった数ミリの違いでも操作性がハッキリと違います、当日は他に試乗されたお客様もサイズの違いでのハンドリングの感触が違う事に驚いておられました、キビキビ乗るなら小さいサイズ、ゆったり乗るなら大き目のといった処でしょうか?好みの分かれるところですね。


ピナレロ ドグマ どんな場面でも何事もなくただシュ~ッと走ります。
IMG_3899.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しぇいご

Author:しぇいご
30年間の競輪選手生活を終え、鯖江市柳町に自転車屋を開業しました、まだ分からない事ばかりですが宜しくお願いいたします。

白崎サイクル

お買い物用自転車から                    ロード、ピストまで                     

初心者大歓迎

福井県鯖江市柳町3丁目1-8                

TEL0778-51-2098
メール seigo50@ur.ttn.ne.jp
営業時間午前9時~午後8時
JRループ下る200M

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク