203峠

毎日じく~っと自転車を組み立てていると時たま身体に(刺激)が欲しくなる時があります、そんな時は迷わず(あの)激坂203峠ですね、という訳で今日は久しぶりに登ってきました。


今日のテーマはあのキンタナの如くいかに口を開けずにあの203峠を登り切るという事でしたがそんな甘い目論見は峠の入り口で早くも崩れ去り、逆に後は開いた口が塞がらない状態のまま我慢の時間が続きます。
IMG_2163.jpg


そして大汗をかきながら頑張る事、約30分で待望の頂上に辿り着きましたがこれで充分、身体に刺激を与える事ができました次回はもう少し上のほうまで口を開けないで登れるようになりたいですね。
IMG_2168.jpgIMG_2165.jpgIMG_2169.jpg


下りの際は日陰の道にコケが生えていてブレーキが効かない場合がありますので場所によっては自転車から降りて下る事をお勧めします。(^-^)/

ブログを書き終わると高知県を旅している一人のお客様よりメールが届きました。

(何処へ行っても203は激坂なのですね。) 本文のまま

IMG_2171.jpg



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しぇいご

Author:しぇいご
30年間の競輪選手生活を終え、鯖江市柳町に自転車屋を開業しました、まだ分からない事ばかりですが宜しくお願いいたします。

白崎サイクル

お買い物用自転車から                    ロード、ピストまで                     

初心者大歓迎

福井県鯖江市柳町3丁目1-8                

TEL0778-51-2098
メール seigo50@ur.ttn.ne.jp
営業時間午前9時~午後8時
JRループ下る200M

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク