訓練日イタリア編 その2

イタリア2日目はバスに乗ってウィリエール本社へ向かいます、本社のあるベネト州という処は近くにPナレロ社やサドルメーカーのセライタリア、サンマルコ、サイクルウエアのデマルキ、シディーのシューズなど自転車関連の会社が数多くあるそうです。


OO観光とは書いていないオシャレなバスに揺られしばらく走るとPナレロ社?が目に入ってきましたがよーく見るとちょっと違いピタレロという雑貨屋さんでした、ちょっと惜しかったですが更に走ると今度は正真正銘のウィリエール本社に到着です。

IMG_5831.jpgIMG_5832.jpg


中へ入らせて頂くと往年の名車がズラリと並んでいます、作業場のほうではこの道十年の職人さんたちが黙々と自転車を組み立てている最中でした、ちょうど私自身も戸惑う事が多い場所の組み付けでしたので本場の職人の技をしっかり(盗ませて)頂いたのはいうまでもありません、コレだけでも長い間、飛行機に揺られてきた甲斐があったというものです。(^-^)/
IMG_5843.jpgIMG_5846.jpgIMG_5836.jpg


ウィリエール本社を後にして向かった先はカステルブランドという古城のホテルです、今日から4日間このホテルにお世話になるのですがとってもオシャレなホテルですね、山の麓からはケーブルカーに乗って城へ向かいます。
IMG_5860.jpgIMG_5861.jpg


ホテルから下の町を見下ろすと何とも言えない美しい眺めが広がっています、家一軒あたりの敷地が広いのでどの家にも緑に囲まれた立派な庭がありますね、また町の外観を壊すような大きな看板なども一切ありませんし壁の色も屋根の色も申し合わせたように皆同じなのです。


これらの要因が絵葉書の様な美しい町を作り出しているのかと思うと少し羨ましく思えましたがホテルの中ではウィリエール平成29年型の発表会が行われました。
IMG_5864.jpgIMG_5868.jpg1109880_78_z.jpg


発表会には世界中の自転車屋さんが来ている訳なのですがいきなり懐かしい顔に出会いました、昨年このイタリアで地獄のジアウ峠を先頭固定で引っ張り上げてくれたアメリカ人のデビット君です。


また今年も会えるなんてお互い嬉しい限りですが(調子はどうだい?)と聞くとIt's useless this year(今年はダメだぁー)とポッコリ出たお腹を指さして大笑いしていました。(写真中央はお腹の出ていないカッコいい去年のデビット君です。)

その後は新車の発表会がありましたが会場には約80人の人が集まっていました、ウィリエールの来年度の新車は魅力的な車種がいっぱいでとってもたのしみですね。
GWdu60vmKjQ1PxP1464908015_1464908065.jpgIMG_4731.jpgc08ZhNhoXjF7JC21464908379_1464908407.jpg



IMG_5890.jpg

その後はウィリエール誕生110周年記念パーティーが開かれます、写真では外はまだ明るいのですがもう夜の9時近くになっているのです中のゴージャスな部屋に入るとホッペの落ちるような料理が続々と運ばれてきますがおっさんだけズルイと言うなかれコレは(仕事)なのです。( ̄^ ̄)ゞ


社長のエンリコさんは各国のテーブルを廻り上機嫌でヨーロッパの自転車文化を世界中に広めて下さいと言っておられ、美味しいワインも手伝ってとって盛り上がったパーティーとなりました。
IMG_5894.jpgIMG_5895.jpg

あすはいよいよテストライドの日です、うまく走れるかなぁ?(^-^)/




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しぇいご

Author:しぇいご
30年間の競輪選手生活を終え、鯖江市柳町に自転車屋を開業しました、まだ分からない事ばかりですが宜しくお願いいたします。

白崎サイクル

お買い物用自転車から                    ロード、ピストまで                     

初心者大歓迎

福井県鯖江市柳町3丁目1-8                

TEL0778-51-2098
メール seigo50@ur.ttn.ne.jp
営業時間午前9時~午後8時
JRループ下る200M

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク