スポーク張り

今日は坂道で立ち漕ぎ(ダンシング)すると後ろの車輪がブレーキに擦れるといった症状を訴えるお客さんがやって来ました、ご本人曰く(私のひょっとこみたいなダンシング)が原因ですか?と深く落ち込んでおられましたがそんな事はありません。

車輪もしばらく使っているうちにスポークが伸びて知らず知らずのうちに柔らかい車輪になってしまうので時にはスポークの張増しも必要なのです、という訳でかなり低下していたスポークテンションを本来の数値まで上げて調整いたします。



次は適当に張られたチューブラータイヤの(縦振れ)が目立ちましたのでタイヤを張り直します、どれだけ軽い車輪でも縦振れのひどい車輪は乗っていたくありませんからココは大変重要なポイントですね。




コレで車輪のほうはバッチリですのでもし次回もホイールがブレーキに擦るのであればそれはひょっとこダンシングになってしまっているという事になりますね。(=゚ω゚)ノ





ひょっとこダンシング   体重だけをペダルに乗せ右、左と大きく自転車を倒しながら立ち漕ぎするカッコ悪い走法


IMG_1449.jpgIMG_1450.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しぇいご

Author:しぇいご
30年間の競輪選手生活を終え、鯖江市柳町に自転車屋を開業しました、まだ分からない事ばかりですが宜しくお願いいたします。

白崎サイクル

お買い物用自転車から                    ロード、ピストまで                     

初心者大歓迎

福井県鯖江市柳町3丁目1-8                

TEL0778-51-2098
メール seigo50@ur.ttn.ne.jp
営業時間午前9時~午後8時
JRループ下る200M

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク