ハンドル

今日は少し寒かったのですが自転車に乗って近所を散歩して参りました、そしてネタ作りの為にまたもや実験です、今回はほとんど話題にならないけどとっても大切なハンドルの位置の(ヤラセ)実験です、ハンドルの高さによって出力が変化するのを分かりやすくする為に緩斜面でサドルに腰をおろしたままグィーッと加速してみました。(もちろん下ハンです)
>IMG_1431.jpg



まずは5mmのスペーサー3枚で踏み込んでみます、上半身が窮屈に感じお尻を後ろにやりたいような感じがします、それではとスペーサーを一枚抜いて同じように加速してみましたがなかなかいい感じで加速できました。
IMG_1440.jpgIMG_1436.jpg


調子にのってもう1枚スペーサーを外してみると引いた腕の力が腰を支えに直接(足)に伝わります、ココがいわゆる(ツボ)英語で言うとスイートスポットという場所なのです、野球でもゴルフでも球を芯で捉えると軽く振りぬけるのと同じで自転車でも足は軽いのに大きな力が出ているのが分かるのです。


自分なりにツボにはまるポジションを探せた時に初めて加速がいい、良く出る(進む)と言った自転車になる訳で勝手に進んれる自転車は残念ながら今のところ見当たりませんがポジション探しの難しい処もコレまた自転車の奥深さですね。


最後にスペーサー無しのベタ付けで試してみますがさすがにコレは低すぎたようで加速中にハンドルに引っ張られてお尻が前にズレてしまいました、物事には限度というものがあるのですね。
IMG_1437.jpg

という訳でたった5mmづつの高さの違いですが一番大きな力を必要とする(加速)では大きな違いが現れました、暇な方はご自分のハンドルに注目されてみてはいかがですか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しぇいご

Author:しぇいご
30年間の競輪選手生活を終え、鯖江市柳町に自転車屋を開業しました、まだ分からない事ばかりですが宜しくお願いいたします。

白崎サイクル

お買い物用自転車から                    ロード、ピストまで                     

初心者大歓迎

福井県鯖江市柳町3丁目1-8                

TEL0778-51-2098
メール seigo50@ur.ttn.ne.jp
営業時間午前9時~午後8時
JRループ下る200M

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク