自転車屋の親父イタリアへ行くその2

前回からの続きです、初めて走るイタリアの道や慣れない右側通行、メーカーより貸して頂いた自転車の右ブレーキレバーが後ろブレーキと普段とは逆な事に少々戸惑いながら幾つかのアップダウンを繰り返す事約1時間でまたしても絶景ポイントに着きましたので走ってる人同士で写真を撮りあいます、外国の人とは言葉なんて通じませんがお互い思う事なんて同じなので何の問題もありませんでした。

1枚目の写真は激坂に早くもウイークポイントの腰をヤラレて少しヘッピリ腰になってます。
IMG_4591.jpgIMG_4592.jpgIMG_4604.jpg




撮影ポイントからまたかなり登って来たはずですがまだ先は見えません、普段に道ならとっくに嫌気がさしてくる頃ですが写真でお分かりいただけるように絶景の連続なので全くと言っていいほど飽きてしまう事はありませんでした。
IMG_4600.jpgIMG_4601.jpg



それから数十分やっと傾斜が緩くなってきたと思ったとたん目の前にはまたしても(感動物)の絶景が広がりました、牧場では牛がたくさん草を食んでましたのでカメラを向けてサービスさせていただきます、こんな道走ってみたいでしょ?



そして今日の目的地ミスリーナ湖に到着します、ミスリーナ湖とは世界中を旅する越前市在住のプロカメラマンS氏曰く、カップルで一番行ってみたい場所,世界1の地だそうです、なるほど言葉にできない程の美しさでした、ココで美味しいケーキとコーヒーをたっぷりいただいてまたもや記念撮影です。



ココにもウィリエールの風船がしっかりと備え付けられています、ニクい演出ですね。
IMG_4612.jpgIMG_4611.jpgIMG_4610.jpg


おしゃべり好きの外国人をスタッフが何とか説き伏せてそろそろ戻りましょうかという事になり来た道を引き返す事になりましたが反対を向いても絶景が広がっていました、来る時はまったく見えなかっただけでホントは360度絶景だったのですね。
IMG_4615.jpg



最後の動画はコルチナの町へ降りていく最後の坂です平日の昼間なのにサイクリストの数に注目して下さい、コレは決して(得意)のヤラセではありませんから、何ともいえない景色の中を美しい町へ下って行く場面でしたが 自転車が最高に気持ちいいと感じた瞬間です、つまらない音楽などいりませんから風の音だけでど〜ぞ、一緒に自転車に乗っている気分になれるハズです、コーナーでは身体を倒しながら見るとなお効果的です。


友情出演 いろんな国の人達

続く
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しぇいご

Author:しぇいご
30年間の競輪選手生活を終え、鯖江市柳町に自転車屋を開業しました、まだ分からない事ばかりですが宜しくお願いいたします。

白崎サイクル

お買い物用自転車から                    ロード、ピストまで                     

初心者大歓迎

福井県鯖江市柳町3丁目1-8                

TEL0778-51-2098
メール seigo50@ur.ttn.ne.jp
営業時間午前9時~午後8時
JRループ下る200M

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク