ピストで行こう203峠

絶好のお天気に恵まれた今朝は今シーズンの訓練の総仕上げとして超特別企画(ピストで行く203峠)の日でした、参加者は私と物好きなY君のたった二人です、あの峠を知ってる方はあんな所ピストで登れるですか?と思われるでしょうが私も分からないのでとにかく行ってきました。

16%を超える坂道をピストのギヤで登るには上半身が決め手になります、というかほとんど上半身の筋肉で登りますので坂道の手前では腕立て伏せ50回で肩のウオーミングアップを行いました、ギックリ腰の予防にも役立ちますので挑戦される方は必ず行ってください。

IMG_4180.jpgIMG_4181.jpg



変な二人は夢と希望と残り98%の不安を乗せいよいよスタートしますがこの先はいきなりの超激坂5Kmが待ち受けています、承知の事とはいえ何でこんな事しているんだろう?と頭によぎりますがとりあえずペダルを漕ぎます。
IMG_4182.jpgIMG_4184.jpg



おまけに道の中央には 見事なコケが生えていて後輪はスリップの連続ですがココは気合いで乗り切ります、このように後輪がスリップした場合は素早く反対の足を廻してやると無事に脱出する事ができました。                               IMG_4187.jpgIMG_4188.jpg


超重たいペダルを漕いでフラフラになりながらも坂道の中ごろまでやってきた二人ですがかなり疲労の色が濃くなってきました、全身および脳みそまで乳酸が溜ったようですココまでが限界でしょうか?後からやってきたY君もバランスを崩してコケる寸前です、ココでこんな状態では二人とも山の中で遭難してしまうのでは?と不安がよぎりたまらず梅丹本舗サイクルチャージを手渡しついでに私も補給します、今日は赤の梅丹です。
IMG_4189.jpgIMG_4190.jpg


急速充電した後それからさらに登り続ける事20分、苦しい苦しいピンチに何度も見舞われながらも梅丹で奇跡的に元気を回復した二人は緩斜面にやってきます、ココまで来ればサドルに座ってペダルを漕げるので安心ですね、そして待望の頂上も近づいてきました。
IMG_4194.jpgIMG_4195.jpg

そして二人は全身がピリピリのヨレヨレになりながらも何とか無事にゴールします、、頂上付近は紅葉し始めた山々がとても綺麗ですがお恥ずかしい事に途中では景色を見る余裕は全くありませんでした。                                                 

あまりの負荷に登り始めていきなり全身が硬直したような感じになってしまい途中では無謀な事をやってしもたな?と思えても気持ちと頑張り次第で何とかなるものですね、ただしもう二度と登りたくはありませんが。

Y君の感想  今まで自転車に乗ってきた中で一番苦しかった日でした、今でも握力が無くなり肩が上がりません、最初の腕立て伏せの意味がよ~くわかりました、でもしばらくは203峠は遠慮しま~す,と申しておられました。

IMG_4197.jpgIMG_4200.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しぇいご

Author:しぇいご
30年間の競輪選手生活を終え、鯖江市柳町に自転車屋を開業しました、まだ分からない事ばかりですが宜しくお願いいたします。

白崎サイクル

お買い物用自転車から                    ロード、ピストまで                     

初心者大歓迎

福井県鯖江市柳町3丁目1-8                

TEL0778-51-2098
メール seigo50@ur.ttn.ne.jp
営業時間午前9時~午後8時
JRループ下る200M

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク