6%

以前から思っていた事ですが自転車に乗りながら(うお~っけっこう辛いなぁ~)と思える坂道には何故か決められたように傾斜6%と書いた看板が立てられております、もちろん険しい山道には10%を超える表示もありますが道路を作る時に交通の安全を考えてかどうかは分かりませんが6%の表示が一般的によく目につきます。



ココで私は少ない脳ミソながら考えます、6%の坂を制する者はこの辺り(福井県丹南地区)を制する事ができるのではないかと?ひどく範囲の狭い考え方ですがあくまで遊びなので勘弁してください。



前置きが長くなりましたが前回のブログに書いたコソ錬の内容は6%の坂道では、自分はどのギヤが一番早く走れるかの実験をしてきました、今まで坂道では自分の体に最大限の負荷を掛ける事ばかり考えていて(早く登ろう)などとは夢にも思っていませんでしたが今回だけは(ネタ)作りの為にハアハアしてまいりました。


選んだ場所はほぼ直線が1.8K続く6%の坂道です100m進んでたった6m登るだけの傾斜ですがアウター53×リヤ23や25ではスピードはまずまず出るもののペダルが重すぎて半分の距離も行かないうちにガックリと自転車が止まってしまいました。


坂道の頂上まで登ったらUターンして呼吸を整えますが次はインナー39リヤ19とほぼギヤ比は(2)になりました、スピードはあまり出ませんが先ほどの苦しさとは比べものにならないほど(楽)です、でもさすがに頂上では脚がパンパンです。


ここで一旦、小休止して血中ニコチン濃度をアップした後リヤを21にと更に軽くします、これでギヤ比は1.85となりますが脚の引っ掛かりが消えクルクル廻せます、そして最後までタレてきません、それどころかゴール前ではモガク余裕がまだ残っていました、これはギヤが合っているのでしょうか?それともニコチンパワーなのかは謎のままです。


そしてしつこい性格の私はリヤ23を再度、検証してみますがスピードが出ない割りには回転だけ異常に上がり(こりゃアカン)と途中で放棄する事になりました、自分も初めて行ったテストでしたが改めてギヤ比の大切さを実感できた貴重な検証でした。


と、いうことで私の6%攻略は39-21が一番早いとなりましたがあくまで今の状態の結果なので時間が経てばそれはまた変わってくる事と思われます、皆さんもハアハしながら一番多く出くわす6%坂道の得意ギヤを見つけてみてはいかがでしょうか?



同じ写真ですんません。
写真 3


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しぇいご

Author:しぇいご
30年間の競輪選手生活を終え、鯖江市柳町に自転車屋を開業しました、まだ分からない事ばかりですが宜しくお願いいたします。

白崎サイクル

お買い物用自転車から                    ロード、ピストまで                     

初心者大歓迎

福井県鯖江市柳町3丁目1-8                

TEL0778-51-2098
メール seigo50@ur.ttn.ne.jp
営業時間午前9時~午後8時
JRループ下る200M

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク