トレチャン

突然ですが皆さんはトレチャンという言葉がある事をご存じですか?トレチャンとはトレーニングチャンピオン(練習王)の人を専門用語でトレチャンと呼びます,造語なので広辞苑で調べてもおそらく載ってはいないとおもいます。


自転車に限らずあらゆるスポーツ選手にとって練習の力が試合では出し切れなくて歯痒い思いをしたという場合は数限りなくあると思われますがスポーツ選手にとってこれは永遠のテーマですね、、競輪の場合もほとんどの選手が実力を出し切らないまま終わってしまう(実に勿体ない)不完全燃焼パターンがよく見受けられます。



しかしアマチュアならまだしもプロスポーツ選手の場合はいつまでもトレチャンでいる訳にはいきませんね、本番で勝てない練習王ではおマンマの食い上げに繋がりかねません。


長い間、競輪選手になりたての若い子達を見て来ましたが練習では素晴らしい脚を出すのに本番の試合では全く結果が出せなく苦しんでいる子達も過去、数多くいました。

本番になると身体が動かないとかレースの雰囲気に飲まれてしまい頭がフワーっとなり訳の分からない間にゴールが来てしまったと深く落ち込んでいました、でもトレチャンの共通点としてはみんな素直で性格の優しい子ばかりなような気がします、(やがてはふてぶてしい態度のオッさん選手になるのですが)力はあるのにいわゆる(アガリ性)なんでしょうね。



では逆に練習はイマイチでも本番ではシッッカリ結果を出せる人ってどんな人でしょうか?
まずは競輪の往年のスターW先輩のお言葉、スートラインに立ったら(このメンバーの中で俺より練習してる奴はまずいないはず、だから今日は俺が勝つのが当たり前)、もちろん超〜猛練習の裏付けと普段の厳しい節制があってこそのコメントです。


次はほとんど練習しなくて遊んでばかりいたけど何故か一流選手だったO選手の言葉、(練習はして来なかったけどではとにかく俺が1番強いんだと無理やり自分に言い聞かせて走ってました)、なるほど天才レーサーらしい人を食ったような余裕のコメントです。


やっぱり本番に強い人って毛のいっぱい生えた強心臓の持ち主なんですね、自転車に限らずどんなスポーツもやっぱり勝負事、相手にビビったらもうそこで負けが決まってしまいます、本番に弱いと自覚のある方は次の勝負はぜひ(俺が一番強い!俺ならやれる)と自分に言い聞かせて頑張ってみてください、もちろん嘘でもかまいませんし何の裏付けもいりませんので。



せめてトレチャンくらいにはなりたかった店長より。
IMG_3403.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しぇいご

Author:しぇいご
30年間の競輪選手生活を終え、鯖江市柳町に自転車屋を開業しました、まだ分からない事ばかりですが宜しくお願いいたします。

白崎サイクル

お買い物用自転車から                    ロード、ピストまで                     

初心者大歓迎

福井県鯖江市柳町3丁目1-8                

TEL0778-51-2098
メール seigo50@ur.ttn.ne.jp
営業時間午前9時~午後8時
JRループ下る200M

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク