ほうほうの体(てい)

大好評のうちに第三回目を迎える事となった関東遠征ライドは週末を利用して7人の仲間たちと静岡県の御殿場へ行って参りました、一昨年の箱根。湘南海岸。昨年のヤビツ峠、さて今年は何処へ行こうかと相談した結果(富士山一周)となったわけです。



御殿場を出発して富士五湖の一つ山中湖まではずっと登りが続きます。浮かれ気分の8人は初めて見る景色に興奮気味のハズですです(が)ガスがひどくてほとんど何も見えませんね.おまけに気温もグッと低く5度しかありません。しかたがないので山中湖では自分だけ背中のリュックからトロロのオニギリを取り出して食べる事にしました、せっかく富士山まで来たのに雨雲が垂れ込めて富士山なんて全く見えません、トホホ。


DSC09918.jpgDSC09921.jpgDSC09907.jpg



8人は山梨県に入ります。出発した御殿場からは富士山をはさんで丁度向かい側まで来たわけですが気温は更に下がっておまけに雨が降ってまいりました、残念な事にここからは約70Kmほどんどが下り坂です4月の静岡という事で誰一人として冬用ジャケットを着ている人はいないので全員が寒さで(ヤラレ)てしまいブレーキを握る指の感覚までが無くなってきました、そしてみんなの顔色もどよ~んとした緑色に近くなってしまいました。




中でもただ一人ウインドブレーカーを持ってこなかったY君の凍えがひどくなり自転車の上でブルブルと震えだしました、これはイカンと私の賢明な判断でコンビニに立ち寄りビニールカッパ(540円)と軍用手袋(114円)を仕込みますがカッパの切り方が雑なのは手が凍えていたためで勘弁してくださいと本人は申しておりました。                        


御殿場まではまだかなりの距離があります。こういった残念な状態を福井県では(おぞい)または(おっぜ~)といいます、今日の場合は普通(ひっておぜえ~)と表現します。
DSC00006.jpgDSC00004.jpg



まるで寒中修行のようなライドも全員の頑張りと我慢で残り20Kくらいとなってゴールが近づいてきましたが極寒の中。唯一朝から半パンツで頑張ってきた緑カッパのGさんが遂に体力の限界がきたのか(ウラ(私)もうあかんみんな先に行って下さい)と珍しく弱音を吐いて地面に座り込んでしましたが青カッパのMさんが(もうちょっとの辛抱デス一緒に頑張りましょうよっ)と勇気付けます、こんな時の仲間ってホント有難いですね。 


DSC00018.jpg


今回ばかりは自転車に乗って38年目を迎えた自分の記憶の中でもかなり辛い状態(除く落車等)となってしまいましたが何とか全員が無事ほうほうの体ながら宿まで戻る事が出来ました、みなさん本当にお疲れ様でした。という訳でとっても記憶に残る富士山が一回も見れなかった富士山一周でした。



雨と濃霧でまるで何処を走ったのか分からないライドでしたがサイクルコンピューターのログを見ると確かに富士山一周してますね、これでちょっと安心しました。
写真

距離 120K

落車 1名 軽傷

写真提供  Tゾ君
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しぇいご

Author:しぇいご
30年間の競輪選手生活を終え、鯖江市柳町に自転車屋を開業しました、まだ分からない事ばかりですが宜しくお願いいたします。

白崎サイクル

お買い物用自転車から                    ロード、ピストまで                     

初心者大歓迎

福井県鯖江市柳町3丁目1-8                

TEL0778-51-2098
メール seigo50@ur.ttn.ne.jp
営業時間午前9時~午後8時
JRループ下る200M

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク