寒くなってきました

ここ福井県もかなり寒くなってきました、いよいよ週末には雪の予報も出てきましたがここで大切なのは普段からの鍛錬ですね、せっかくシーズン中の乗り込みで(かなり)走れるようになったのに冬場にはダラけて何もせずすっかり元の体に戻ってしまいまたまた苦しい春先を迎えた経験を持つ方は大勢いらっしゃる事と思います。




自転車に乗り始めて間もないころは気づかないのですが何年か経験を積み重ねると気持ちよく走れるような(体を作り上げる事)より、その体を(維持)させる事のほうが難しい(面倒)な事が分かってくるのですが残念ながら外は雪!ここ北陸地方では夜な夜な真面目にローラーを廻している方が多いのはそういった事情があるのです。




ずいぶん引っ張りましたがココからが本題です、ローラーを廻しながらいつもの山道を想定して負荷をグイッとかけますが何か変?と思った事はありませんか?それはローラー台を地面と平行なまま負荷をかけても山道の再現はできないからです。



山道を走るという事は前輪が持ち上がり自転車のシート角度が寝てしまう事になりペダルのポイントが遠ざかってしまうのです、一生懸命に坂道を登っていたらいつのまにかサドルの前にお尻がきてしまうのは自然な出来事なのです。





傾斜がキツくなるにつれてフトモモも前の筋肉の出番が多くなってきて体の使い方も変わってしまう訳ですが下の写真は左からおおよそ5%、10%、15%の坂道を再現しています、前輪の下に置いてあるゲタの厚みは5%は6センチ10%は12センチ激坂15%ならば18センチくらいで自転車の傾きを再現できます。



自転車をコレくらい傾けて廻してみるといつもの(あの)坂道が再現できるハズですから(とっても)ヒマな方はゼヒ一度試してみて下さい。


注  ローラー台のゲタをドンドンと厚くしすぎて後ろにデングリ返りしないようにして下さい、また3本ローラーでの坂道再現も無理がありますので注意して下さい。


IMG_3546.jpgIMG_3547.jpgIMG_3548.jpg


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ムムッ!これはいいトレーニング方法の話か!と読み進めてみると、固定ローラーでの話ですね。
僕のは3本ローラーなので、今冬も寒い中、地道に漕いでます^^;

No title

はい、頑張って下さい。
プロフィール

しぇいご

Author:しぇいご
30年間の競輪選手生活を終え、鯖江市柳町に自転車屋を開業しました、まだ分からない事ばかりですが宜しくお願いいたします。

白崎サイクル

お買い物用自転車から                    ロード、ピストまで                     

初心者大歓迎

福井県鯖江市柳町3丁目1-8                

TEL0778-51-2098
メール seigo50@ur.ttn.ne.jp
営業時間午前9時~午後8時
JRループ下る200M

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク