国見岳

猛暑を理由にまったく体を動かしていなかった私は突然(これではイカン)と思い立ち、体にとびっきりの刺激を入れる事にしました、向かう先はかつてのホームグラウンド国見岳(650m)です、何百回と登ったハズの山ですが転職して3年、ヘタった体ではたして頂上までたどり着けるのでしょうか?
IMG_3363.jpg



家を出て20分、ココからがいよいよ本格的な登りです、ここは登りが始まって1KM先のある第一ヘアピンまではこの時期(アブ)が大群で襲ってきますからアブに追いつかれないようモガいて登ります。
IMG_3341.jpgIMG_3342.jpg



当然の事ながら今日は昔に比べて後ろギヤを2枚軽くしてあります、ところがいきなりのモガキで目ン玉が飛び出してきそうなくらいのシンドさでフラフラになりながら登り続けました。頂上手前の道が開けたあたりが我慢の為所になりますが何とか踏ん張ってトンネルへゴール。ここまでで約半分の行程です。
 
 IMG_3360.jpgIMG_3343.jpg


一つ目の山から約4Kを走ると皆さんご存知、二枚田幹線林道の入り口までやってきます、余談になりますが私の場合、思いっきりペダルを踏んだり引いたりする時は、やっぱり昔ながらの素足にクリップバンド!これに限ります。
IMG_3346.jpgIMG_3350.jpg




林道は3年ぶりの懐かしい景色なのですがそんな景色を楽しむ余裕などあるハズもなくジグザグ走法でエッチラオッチラと頂上を目指します、別にここで頑張ったところで何の為になる訳では無いけれど、とにかく脚を廻し続けます。     

 

あまりのペダルの重さについ立ち漕ぎ(英語?でダンシングというらしい)したくなりますがここは我慢我慢、後は自分との勝負です。

IMG_3351.jpgIMG_3356.jpgIMG_3353.jpg


この道路はなぜか頂上までの距離が道にペイントされています、しかしコレが有難い反面、目障りというか何というか複雑な気持ちにさせられますね。
IMG_3355.jpgIMG_3357.jpg


そしてラスト1Kからの勝負処も何とかクリア無事に頂上まで辿り着く事ができました、もちろん脚も腰も腕も手のひらもパンパンになり充分に刺激を与える事ができたでしょう、みなさんもタマには刺激的な事をしてみませんか?
IMG_3359.jpg

追伸 ブログのネタ作りって大変です。(大汗)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おまけにピストじゃないですか?(-_-;)

さすが元プロです(#^.^#)

No title

わかって頂けますか?(笑)
ホントに、ブログネタがないと書けないですよね。
マジ、最近疲れます。(TT)
プロフィール

しぇいご

Author:しぇいご
30年間の競輪選手生活を終え、鯖江市柳町に自転車屋を開業しました、まだ分からない事ばかりですが宜しくお願いいたします。

白崎サイクル

お買い物用自転車から                    ロード、ピストまで                     

初心者大歓迎

福井県鯖江市柳町3丁目1-8                

TEL0778-51-2098
メール seigo50@ur.ttn.ne.jp
営業時間午前9時~午後8時
JRループ下る200M

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク