寒~くなりました。

11月に入るやいなやココ福井県地方は気温がグ~ッと下がり連日雨がふっております、おまけに雷がゴロゴロと鳴りやまず夜中に目が覚める事もしばしば、早くもコタツやストーブの出番となりました、これで日本海側の自転車シーズンはほぼ終了といったところでしょうか。



とはいえ少ない晴れ間を見つけて頑張って走っておられる方も大勢いらっしゃいます、しかし寒い時は何ともフィーリングが悪いですよね、体も何だかギクシャクして自転車に馴染まないし筋肉も動きが悪くてすぐにヘタレてしまします。


ここで競輪の裏話になりますが、競輪選手は粉雪が吹き荒ぶ真冬でも半パンツでレースを走ります、レース自体は3分少々で終わってしまいますがレース後、誰一人(寒い~)なんて言っていません、それどころか真冬なのに額からポタポタと汗を流しながらバンクから引き揚げてきます


では何故選手たちは寒くないのか?それは体の中をイヤというほど温めてからレースに臨んでいるからなのです、
選手たちは自分のレース時間の約2時間前から入念なストレッチに始まり軽いランニング、そしてローラーでのウオーミングアップを済ませてレースに臨んでいるのです。


そして自分の出番となる訳ですが選手たちは自分が走るレース集合の呼び出しのアナウンスがかかる直前に、ある、場所へ急いで行きます、ある場所とは何処だと思いますか?(ヒント みなさんの家にもあります)



そうです正解は風呂場!エ~ッレース前にのんびり風呂入ってるんですか~?という声が聞こえてきそうですが選手たちはレース直前まで風呂場で半身浴をして足腰をじんわり温めてからレースに臨むので寒風吹き荒ぶバンクでも半パンツで平気なのです。



皆さんもいきなり寒い外へ飛び出して走るより、風呂は無理でもせめてローラーで体を温めてから走り出してみてはいかがでしょうか?体が温まっているといないとでは走りが断然違います、そして膝や腰の怪我予防にもなるといいことづくめなのです。



写真は今みたいなシャレたウオームアップクリームが無かった(昭和の時代)に先輩に教えられレース前、足に塗りまくった逸品、タプソール軟膏です(現在も販売中 609円20g)、これを塗るとミゾレが降る中のレースでも足だけはカッカカッカと燃えるように熱かったのを今でもよ~く覚えています、でも足だけ熱すぎてレース後の入浴は絶対に 無理 でした。
e149855h_l.jpg


スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【寒〜くなりました。】

11月に入るやいなやココ福井県地方は気温がグ〜ッと下がり連日雨がふっております、おまけに雷がゴロゴ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しぇいご

Author:しぇいご
30年間の競輪選手生活を終え、鯖江市柳町に自転車屋を開業しました、まだ分からない事ばかりですが宜しくお願いいたします。

白崎サイクル

お買い物用自転車から                    ロード、ピストまで                     

初心者大歓迎

福井県鯖江市柳町3丁目1-8                

TEL0778-51-2098
メール seigo50@ur.ttn.ne.jp
営業時間午前9時~午後8時
JRループ下る200M

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク