豪雪です

久しぶりの更新となりますが皆さんご存知の通り福井県嶺北地方は豪雪に見舞われています、私にとって人生で3回目の大雪?なのですが貴重な写真をご紹介いたします、下の写真が伝説の昭和38年の(サンパチ)豪雪の写真です。

今から55年前、当時の私は2歳、祖父に抱かれておやつを食べているのが私です、直立不動でポーズを構えているのが兄です、ほとんど記憶は無いのですが何しろ凄い雪ですね。


ちょうどこの時、競輪選手だった私の父親、庄兵衛さんは京都の向日町でのレースを終え夜行列車で(当時は福井ー京都でさえも夜行しかありませんでした)帰る途中であまりの豪雪のために敦賀駅で列車がストップしてしまったそうです。


そこで当時35歳の庄兵衛さんは輪行カバンに入っているレース用のトラックレーサーを敦賀駅で再び組み立てボストンバッグを背負い凍てつく夜中の国道8号線を商売道具のトラックレーサーでシクロクロスまがいに爆走して鯖江まで帰ってきたそうです。


もちろんライトもブレーキもありません、おまけに走り出したら足を止められない固定ギヤで大雪の夜道をどうやって走ってきたのか知る由もありませんが昔の人はピンチに強かったのですね、ひょっとして下の写真は庄兵衛さんの帰りを待っている時の写真かもしれません。
IMG_4859.jpg


それから18年後の昭和56年、次の写真が56豪雪です、当時の私は20歳、鋭いパンチパーマが印象的な1枚ですがこれまた屋根の高さまで雪が積もっていますね。
IMG_4873.jpgIMG_4868.jpg


そして最後の写真が(平成30年豪雪)仮名、本日の店の前です、どれも凄い雪の量ですがもっと凄いのが55年前と店の構えが何も変わってないことに今更ながら驚きました。

そろそろ雪のほうも在庫が切れてほしいと思う日々ですが今日も雪かき頑張ります。
IMG_4874.jpg
スポンサーサイト

明日から2月

早いもので今日で1月も終わりです、今年の冬は連日の雪に見舞われ起床と同時の雪かきに追われましたがせっかくキレイに雪を掻いても次の朝になるとまたドッサリ積もった雪を見るとホントにがっかりしてしまいますね。

せっせと集めた駐車場の雪も私の背丈をとっくに超えてしまい春までに解けるのかと心配になりますがこれぞ(ザ、福井)のお天気なのですね、ほんとに春が待ち遠しい今日この頃です。


写真は大変美しいウィリエール スーパーレジェッラです、ピッカピカのテカテカです。


IMG_4774.jpgIMG_4775.jpg

大雪でした。

先週の大雪には参りましたが雪かきの合間にちょっとした実験を行いました、その内容はかなりマニアックになりますがクランクの長さによる出力の違いについてです。

先ずはその辺に転がっている165、170、172,5mmの3種類のクランクを用意します、そしてモニターでパワーが見れる固定ローラーに自転車を設置して最初は172.5mmのクランクを取り付けて漕いでみました。

参考までに私は長年165mmを使用してきましたが自転車屋になってからの7年間はもうそんなに頑張ることもないので完成車についていた何の拘りもない170mmを愛用していました。

結果 172.5mm 何だか大股で歩いているみたいで回転も出力もまるで出せません、私の短足には長すぎるみたいです。

次に170mm 当然ながらいつもの感覚です。

そして165mm 実に久しぶりに廻しましたが何とも素晴らしい(カッチリ)感なのでしょうか!170mmに比べ12時の位置で膝が5mm下からスタートできるので力が入ります、いわゆる下で仕事ができるというやつです。

おまけにクランクが何ミリであろうと踏み込み時の3時の膝の位置は同じにしてしまうタイプなので逆に引き足の9時の位置では5mm+5mmで1センチも前から引くことができるのです、これは有利です。

もちろん165×2イコール直径330mmの感覚が身体に染みついているという事もありますが同じ感覚で漕いでみても自然にパワーが上がりますが心拍は逆に上がりません、踏める、廻せる、反ってくるおまけに長持ちと良い事づくめなのです。

170mmのクランクと165mmではクランクを1回転すると約30mmの円周の差が出ますが何回転も重ねると大きな差になりますね、これも楽に感じる要因の一つかもしれません。


逆にクランクが短いと重く感じるのでは?と思われるでしょうがクランクが3時の地点で半径5mm違うだけで何という事はありませんでした、もちろん個人差がありますが私の短足には165mmが合っていたという事ですね。

今までなら(感覚)でしか分からなかった(見えないもの)が数字で見える最近のローラーって素晴らしいですね。
IMG_4725.jpgIMG_4737.jpg


ついでに靴による出力の違いも実験してみました、写真は私の汚い靴で申し訳ないのですが左からシマノSPD、SPDSLそして昔ながらのクリップバンド方式です。

SPD 引き上げ時に2mmくらいペダルとクリートに遊びができてカチャカチャとうるさいです、歩きやすくて便利なのですが頑張って漕ぐには不向きですね。

SPD SL 当然いつも感覚いつもの出力です。

そして最後のクリップバンド、今やトラック競技以外では見かけませんがこのペダル方式でパワー測を漕いでみるとビンディング方式に比べ、引き上げ時にシューズのアッパー部分のあのビローンと伸びる感が全く無く引き足がダイレクトにペダルに伝わっているのが数字となってはっきり分かりました。

ビンディング方式のペダルは確かに使いやすくて便利なのですが細かい事を言えば少し勿体ないことをしていたという事ですね、かといって今更バンド方式をお勧めはしませんが。

また何か実験してみます。
IMG_4736.jpgIMG_4735.jpg

年末のご挨拶

早いもので今年も残すところ僅かとなり、年末のご挨拶を申し上げる時期となりました。

今年も沢山のお客様とお会いし、改めて多くの皆様に支えられていることを実感しました、来年も地味ではありますが皆様のお役にたてる様、誠心誠意努力する所存ですので、より一層のご支援を賜りますよう、スタッフ一人心よりお願い申し上げます。


今年最後の写真は平成30年型リドレーヘリウムSLXとノアです、この冬は雨や雪が続き自前で撮った写真が残念なことになってしまったのでJPスポーツさんより画像をお借りしました。
DSC00197-855x1280.jpg


どちらもいつもの様にカッコ良いですね、ところで平成の御代も残り1年と4ケ月となりましたが来年の今頃は新しい元号が発表されて、私などの昭和生まれは2世代前の人となってしまう訳で少し残念ですが新しい元号の発表がまた楽しみでもあります。
DSC00187-1280x695.jpgDSC00200-855x1280.jpg

というわけでいつもの様に話が飛んでしまいましたが平成(ほぼ最後)のリドレーの紹介でした。

年末年始休業日12月31~1月3日。

パイオニアペダリングモニターシステム

今朝はパイオニアペダリングモニターシステムを取り付けたお客様の自転車受け渡しとポジション調整を行いました。


固定されたローラーに跨ってペダルを漕いでみると(あれ~っ?)っと本人が一番驚いたのですが写真でわかるように明らかに踏み込みが遅くて1時~2時に全く力が入っていません。

その代償?としていくら踏んでも推進力にならない6時~7時に矢印が残っているのが一目で分かります、そしてカカトが下がるので入力が真下に行かず前に流れてしまっています。


このまま回転や負荷を上げると6時付近の反作用がおきてお尻がピョンピョン跳ね上がりサドルの上で餅つきができてしまいますがコレはタイヤと腹が減るだけの残念なペダリングと言えますね、その前にせっかく頑張って漕いでも(勿体ない)ペダリングなのです。



問題はここから先です、パイオニアペダリングモニターシステムってダメなペダリングが分かるだけの機材では無いので早速ポジションとペダルに入力する場所を調整します。


今回のお客様は上体が少し前のめりになっているのでサドルを1センチ後ろに移動し身体と股関節を大きく使えるようにします、これで早めの12時くらいから踏み込み易くねるハズです、そして頭の中でも早めに踏み込む事を意識すると今までのサドル高では窮屈に感じるようになってきます、実は本人には伝えず私が密かに狙っていたのはココなのです。
IMG_4671.jpg


今回のお客様はかなり乗り込んだ方ですが念入りな調整後は残念な(あの6~7時)の矢印も消え前に進む為に効率の良いペダリングが少しできるようになりました。

昔なら自転車に乗りながらアーレンキを背中に忍ばせて微調整を繰り返しながら(感覚)だけで走っていたものですが極端に疲労してくるとサドルもハンドルも、もうどこが良いのか訳が分からなくなってしまったものです、でもこんな事が一目でわかってしまうなんて凄い時代になりましたね。

このシステムを(上手に)使いこなせたなら早く走るための最強の機材となってくれることは間違いないでしょう,でも付けただけでは決して早くはなりません。
IMG_4669.jpg


プロフィール

しぇいご

Author:しぇいご
30年間の競輪選手生活を終え、鯖江市柳町に自転車屋を開業しました、まだ分からない事ばかりですが宜しくお願いいたします。

白崎サイクル

お買い物用自転車から                    ロード、ピストまで                     

初心者大歓迎

福井県鯖江市柳町3丁目1-8                

TEL0778-51-2098
メール seigo50@ur.ttn.ne.jp
営業時間午前9時~午後8時
JRループ下る200M

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク